夏も冬も快適な設計

夏はさらっと涼しく、冬はぽかぽか暖かい、1年を通して快適な空間を実現する自然の力を100%活用した省エネルギー住宅。快適な住まいのポイントは、断熱・気密性能、太陽光発電システム、風と光を活用したプランニング、自然素材など。太陽・風・気温・地温などの自然エネルギーを有効に活用することで住む人にとってより快適な環境を創りだし、省エネルギーにも貢献することが出来ます。


■ 高い断熱性が創りだす快適で安全な家

快適な住まいの基本は断熱と気密にあります。自然のエネルギーである光や風を取り込み、それらのエネルギーを無駄なく活かす為には、断熱気密計画がしっかりできていることが重要です。
断熱と気密を高めることで、暖冷房による消費エネルギーも削減でき、環境にも家計にも優しい住まいとなります。

ヒートショック対策
ヒートショックとは”


リビングから廊下へ移動する際や、脱衣所から浴室へ入る際の
急激な温度変化によるストレスで起こる身体への悪い影響のことです。
建物内の温度をある程度一定に保ち、ヒートショックを抑制することが
健康的な生活環境を創るうえで重要となります。

結露の抑制
結露の原因とは”

結露の正体は空気中の水蒸気です。カビの発生やダニの生息などの温床になり、健康にも悪影響を及ぼしかねません。無垢の木は呼吸しするため、調湿機能をもってます。木を使用した室内は結露が生じにくく快適な環境を保ちます。また冬場の過剰な加湿は空気中の水蒸気を増やし、結露を増大させる原因になります。

高い断熱性は住む人の健康と、住宅本体の耐久性を高め、長寿命の住まいとなります。
環境や健康に大いに貢献し、次世代に引き継ぐ住まいをつくることとなります。

【窓の断熱・気密】

屋根・壁・窓・床・この中で室内から熱を逃がしてしまう一番の犯人はどれでしょう?
答えは「窓」です!!
では熱効率を上げるために窓の無い家をつくればいいか?それは無理ですよね。
建学舎では、暖房熱の最大の逃げ道である「窓」から、室内の熱を逃げにくくし快適な室内環境にするため、すべての窓にペアガラスを採用します。

<Low-Eガラス・ペアガラス>

Low-Eガラスの「Low-E」は、Low Emissivityのことです。「低放射」という意味で、一般的な1枚ガラスが放射率0.85程度ですが、Low-Eガラスは放射率が0.1以下になります。この放射率が低ければ低いほど赤外線を反射させ、
熱を通しません。(Low-Eガラス仕様はオプション)
Low-E

ペアガラスとは、その名の通りガラスを二重にしたものです。
気体の熱伝導率が低いことを利用して、2枚のガラスの間に乾燥空気またはガスなどを封入密閉し断熱性を高めたもので、結露しにくいのが特徴です。ガラスの断熱性が高ければ冷暖房の効きも良いため、省エネ効果も期待できます。

建学舎で採用しているペアガラスの空気層は、一般の建売ローコストのものよりも6mmほど広いガラスを使用しているため、断熱効果をさらに期待できます。

また、サッシの外壁下地に接する面にはすべて漏水防止材を設置し、さらに気密防水テープを施すことにより、防水性、気密性共にも向上させています。

【床、土台の断熱・気密】

床断熱床の断熱材は、工場でプレカットされたボート断熱材を敷きつめ、材料のムダを省くと同時に気密性を高めています。

<下地と気密工事>

床の下地材のつなぎ目には、すべて45cm間隔に大引きを配し、気密性を確保しています。
柱廻りの隙間はシーリング処理を行い気密処理します。

【屋根の断熱・気密】

屋根の断熱性を高める目的は、夏場は日射熱の侵入を防ぐことで屋根の火照りを抑えて冷房の効きを向上させ、冬場は暖房の熱を逃げにくくして、暖かい部屋の保温性を向上させるためです。建学舎では気密の高い内断熱の泡断熱を標準にしています。断熱材の外側には通気層を確保しています。

【泡の断熱・気密】

” 現場での発泡施工で細かい部分の隙間を解消 ”
住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱工事です。
壁断熱無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

” 長期安定で性能を発揮 ”
硬質ウレタンフォームは繊維系断熱材にない自己接着力を持っています。
硬質ウレタンフォームは木材の経年変化にも対応しやすい性質です。硬質ウレタンフォームは隙間なく充填するため、住まいの大敵とされる壁体内結露を抑制します。また、自己接着力を有する為、下がってしまう心配がありません。ウレタンフォームには紫外線によっての経年変化がありますが、内外装壁材によって紫外線は壁の内側には入り込めず、長期に亘って安定した性能を発揮します。

特徴


お申込みはこちら

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求